ryosukey's

英語学習、ワーホリ留学体験談、面白ネタ、資産形成、おすすめ商品について発信します♪

【目的】英語習得への強い気持ちと孤独のはざまで ワーキングホリデー in オーストラリア

 

ワーキングホリデーや留学に行く目的は何ですか??

 

オーストラリアに限らず英語圏の国にワーキングホリデーや留学に行けば、

外から見ると海外に2年間滞在していたのだからペラペラになって帰ってくる。

そんな風に思われるのは当たり前の話。

オーストラリアへ留学やワーキングホリデーにこれから行こうと思っている人で、英語習得が主な目的であれば、私と同じような壁に当たることがあるかもしれません。

 

実際に私も海外から親へ電話すれば英語話せるようになった?と毎回聞かれていた。

そして実際にそうなる人もいれば、そうならない人もいるのも事実。

仕事を辞めて行って成果無しでは帰れないという気持ちは強かったかもしれない。

 

なのでオーストラリアにいる時はできるだけ日本人を避けていた。

特に日本人としか話をしない、英語の勉強に興味がない人には興味がなかった。

英語をしっかり話せるようになって帰らないといけないという謎のプレッシャーに押しつぶされそうになっていたことがあります。

 

ただ考えても仕方がないからできることを結局やるしかない。

①自分の考えをトライ&エラーで実践してみる

②自分は日本人じゃないと思い込む

 

①に関してはごくごく当たり前の話なのですが、

②は少し頭がおかしいと思われるかもしれないですね。笑

ただ、日本人がいない環境に入れば、自分が何人とか気にならなくなります。経験済。

 

①、②を実践するために、そして自分の英語力(スピーキング力)がどんなレベルにいるのかを測定するために、私は時々こんなことをやっていました。

 

●行く先々のバックパッカーで友達作り

●ローカルのデイツアーに1人で参加

キャンプサイトに泊まった時に日本人がいたため韓国人と自分を偽る

 

セカンドビザをファームで取り終えた後に10ヶ月くらい経過していたので、自分の力を試したいのと、オーストラリアは広いので色々な場所を見たかったので、グレイハウンドバスのワンウェイ用のバスチケットを使い、色々な街を訪れました。

※特殊チケット、ワンウェイ用という戻れないが期限内なら繰り返し使える便利な券。

を使って、QLD州のNoosaから南に下っていき,

Brisbane→Goldcoast→ByronBay→New Castle→Sdney

最終的にMelbourneとバスで移動し、そこから一旦日本に帰るというプラン。

 

ここから日本に帰るまでの自分ルールを作る。

トライ&エラー第一弾は日本語を話さないということを日本に帰るまで徹底すること。

約2ヶ月くらいですかね。ポンコツな挑戦が始まりました。

ブリスベンゴールドコーストは友達に会っていたのでノーカウント。笑

 

 

●行く先々のバックパッカーで友達作り

【ケース1】

BayronBay(バイロンベイ)

ここはeasy-goingな雰囲気が漂っている田舎街でヒッピーな空気がプンプンしています。バス停に着くとYHAに宿を取っていたので、宿から迎え待ち。観光客も何となく陽気な感じで面白いところです。宿に着くと荷物を下ろし、喫煙所へ直行。ちなみに私は喫煙者ではありませんが、喫煙所には人が集まるので、宿では喫煙所に行くようにしていました。

 

①そこで人を見つけて話しかける。

②人を見極め大丈夫そうなら深く話す。

③次の日に予定がないなら喫煙所で出会った人と一緒に街を散策する。

 

ここで私は、スロベニア人の男性と仲良くなり、次の日の朝に集合し、4〜5時間くらい一緒に話しながら街を探索しました。これ結構楽しいです。

そして、その日はYHA主催のハイキングツアーがあり、もちろん参加して、全く知らない欧米人の団体にアジア人一人だけ混ざりながら英語力の修行を積んでました。

f:id:ryosukeys:20210619221038p:plain

このツアーの後にメンズだけでクラブに行きました。なんと人生初クラブが海外。笑

なのでクラブとはオーストラリアのバイロンベイがスタンダードだと思ってました。

(この時、髪切ってなくてボサボサですいません笑。)

このように見知らぬ土地で仲良くなった人とコミュ力上げるトレーニングをしてました。最初は声かけるのも緊張しましたね。笑

 

 

【ケース2】

Nimbin(ニンビン)

次の日には、ニンビンという知る人ぞ知るヒッピー的な場所に行ってきました。

これも社会勉強だと思い、YHAからデイツアーを予約。当日バスに乗り込むと、、、

40人くらいのバスでしたかね。アジア人が何と私一人。しかもみんな友達と参加。

あーーお腹が痛い。と思っていたら最後の一人が乗り込んできて、隣の席に。

ドイツ人の女の子で何と一人で参加!助かった!笑

このツアー中はこの子と仲良くなってひたすら一緒に行動してました。

なんか意外と英語を頑張って話せばみんな応えてくれるので優しい、、、

朝は皆バスでRed Hot Chilipepperをひたすら熱唱。これって国歌でしたっけ?笑

帰りはみんなキマってバスは沈黙状態。ギャップ激しすぎ。笑

f:id:ryosukeys:20210619224252p:plain   f:id:ryosukeys:20210619224317p:plain

(魚があかんもの吸ってる笑) (ツアーの帰りに一緒にご飯食べに行きました笑)

スロベニア人の男性やドイツ人の女の子とこの街で知り合い、みんなと連絡先を交換して、またどこかで会おうということでまたバスの旅に戻るような生活をしていました。

このように写真に残したのも自分がやったことの積み上げとして記録してました。

 

 

【ケース3】

New Catsle(ニューキャッスル)

バスの遅延のせいで深夜の1時に駅に到着。。泊まるはずのYHAが音信不通。。

まぁ深夜ですからね。こんなハプニングもありました。

ターミナルに灯りがついてますが、さすがに海外の電車のターミナルで一夜を明かす勇気もなく、仕方なく海辺を歩いて寝れる場所を探していました。

海辺の公園みたいなところにベンチを見つけたので、寝袋をベンチにセットし寝る準備。何かあったらいけないので護身用のナイフを右手に持った状態で就寝。

朝になって誰かが走る音が頻繁に聞こえてきたので目を開けると、そこはランニングコースの目の前にあるベンチでした。そのせいで、人が通り過ぎるたびに”Morning"とずっと挨拶をした記憶があります。無事に朝を迎えることができて良かったです。

 

ニューカッスルのYHAは歴史的な建物をそのまま宿にしたような雰囲気で、非常に趣のある空間でした。ただここでは人を見つけることができなかったため、街の散策に切り替えました。

ニューキャッスル ビーチ YHA ( ニューキャッスル (およびその周辺地域) ) の宿泊予約 | ホテルズドットコム

(ここはYHAの中でみんながご飯を食べたりくつろいだりするスペースです。)

街は石畳が多く何となくヨーロッパを彷彿させるような雰囲気でした。

ニューキャッスルでは英語よりハプニングで耐えるための柔軟性を学んだ気がします。

 

【ケース4】

Sydney(シドニー

さすがオーストラリアの中心的な街というだけあって今までにオーストラリアで味わったことがないようなとかいな雰囲気。セントラルに着いてからYHAまで徒歩圏内だったので非常に助かる。

 

ここでも例のごとく恒例の友達になろうよ企画をスタートし、荷物を置いて喫煙所に直行。都会だけあって人口も多いし、色々な国から人が来ていらっしゃる印象。

そこで、ドイツ人の観光客、カナダ人、ロシア人、イタリア人、中国人、韓国の人など手が空いている人を見つけては、トークを開始!!

イタリア人の女性の方は建築士の方。当時若造の私の話にも真面目に耳を傾けていただきありがとうございました。当時のマイブームはご飯の話になれば、お互いの国の料理を振る舞い合うということを楽しみにしておりました。

この時、私はお好み焼きを作り、彼女にはカルボナーラを作って頂きました!写真がないのが痛恨のミス。。イタリア人の女性に作って頂ける本場のパスタ、、

美味しくないはずががありません!!というか本当においしかったです笑

 

また別の日には韓国人の男性と仲良くなり、将来の夢を語って頂きました。

将来、日本の福岡でバックパッカーを作って日本と韓国の橋渡しをしたいとのこと。

お互いの国同士が政治的な問題でぶつかる度に国民がそれに左右されるのが、

とても嫌だとのこと。本当にその通り。お隣の国だし仲良くしたいものです。

 

またシドニーでは再会という旅ならではの醍醐味を経験しました。

BayronBayで仲良くなったスロベニア人の男性から連絡があり、

 

『今どこーー??』

『今シドニーー!!』

『明日着くから会えた会おう!!』

『OKーーー!!』

 

ということで再び会えました。笑

シドニーのRocks周辺を散策することになりました。

Rocksは石畳調の歴史を感じることができるような建物の作りが印象的な雰囲気。

たまたまその日はサンデーマーケットをやっているとのことでラッキー。

オーストラリアはその街々でマーケットの開催などイベントが豊富にあるのが良い!

 

◇お勧めポイント◇

・オーストラリアで農作業用やちょっとした際に何か買う時は、

教会や地域のコミュニティ主催のチャリティーショップでの買い物が非常に便利。

何といっても

・値段が安い

・ブランド物があったりする

・見たことない物が会ってワクワク感が止まらない

私は何か欲しいものがあれば、まずチャリティーショップに行きました!節約術!笑

 

友達とも合流し、今までどこ行ってたの??というような話で盛り上がり、

宿で出会った見知らぬ人に声をかけ、一期一会の輪が広がり、

また自分の経験の積み上げになる。トライ&エラーで始めたこの作戦は成功でした。

日本語を忘れ、自分が何人とか気にしない環境に自分をおく。これは楽しいです!

(※ただ、人を見極めることは必須です!!絶対に変な人に引っかからないように※)

 

せっかくの再会を喜び、そのままテンション高くハーバーブリッジを歩いて横断!!

3人でオペラハウス側から向こう側へ渡るために歩いていると、

アジア人らしき人が向こう側から歩いてきました。気にせず通り過ぎようとした時に、

 

『りょうすけさん??』と名前を呼ばれました。

 

予想外すぎる展開!ハーバーブリッジの真ん中で日本語で名前を呼ばれるとは。。

何とまさかまさかの大学のサークルの後輩でした!!えええーー。

日本語話さないとかマイルール作りましたけど、ここは破りました。笑

そんな偶然もあるんですね笑ドラマでもこんな展開ないでしょ。

残念ながら恋には発展しませんでした。笑

 

シドニーはハーバーブリッジ、オペラハウス、ロックス、ボタニカルガーデンや色々な人との交流による英語力の向上に向けてということを達成できましたので、個人的にはだいぶと収穫ありました。

 

【ケース5】

Melbourn(メルボルン

いよいよ初年度の旅の終着点。1週間滞在予定もずっと雨、、、あーー。

いつも通りYHAに宿泊。同じ部屋にアメリカ人の兄弟が宿泊。ここでも積極的に話しかけ溶け込むことに成功。カジノに行くけど?という話だったのですが、失敗経験があったため行くことを断念。行かないことも勇気だと思いました。笑

メルボルンへは世界でも住みやすい街ということをオーストラリアへ来る前から聞いていたので、興味で訪れたこともありほとんど観光気分でした。

 

街のお店は半分以上カフェじゃないの??というくらいオシャレなカフェが所狭しと、

大通りから路地裏に至るまでカフェが並んでいました。多分カフェ好きなら、

この街を選ぶと間違いがないでしょうし、自分に合った好きなカフェを見つけるという楽しみができそうで良いですね♪

街は程よく都会、トラム(路面電車)が走っており、レトロな雰囲気も漂う。

テニスの四大大会が開催される会場も見ることができました。

 

メルボルンでの最終日にアメリカ人の兄弟から言われました。

”俺らは元々英語が話せる国に住んでいるから英語で悩むという気持ちはないけど、

英語が苦手でも必死に頑張って伝えようとしている人を笑う気もないし、

俺らは応援するよ。残念だけどアメリカ人の中にも意地悪な奴がいるけどね。

そんな奴らの言葉に耳を傾けずに自分に自信を持てば良いんじゃないかな??”

 

少しスピードを落として話をしてくれていたので、理解できました。

旅をする前に過ごした時間と旅をスタートしてからの時間でトライした新しい試み。

・自分の気持ち次第でチャレンジができる。

・そのまま今の環境にいるという選択もできる。

どちらも正解。でもせっかくトライできる環境があるのであれば、勇気を出してトライしてみて欲しい。新しい試みが自分の視野を広げるし、成長にも繋がると思う。

私はオーストラリアで英語力以外にも、アウェーな環境でも楽しむ方法を身につけたり、日本では今までになかったような積極性を身につけることができました。

ただこれも一時的に刺激されている状態なので、これを継続することが大切だと自分でもい感じています。

 

全部得ることは難しい。何かを選択する中で、捨てる選択もした。

ただ覚悟を決めるという決意をするということで得たものも多い。

これを見てこんなこともできるんだという可能性の参考になれば幸いです。

 

P.S

グレイハウンドでのバス移動はなかなかしんどかったですね。笑

バスは待ってくれないので時間がバス優先になってしまい、次の街に着く時間も計算しないと夜中に着いたりすることも経験したので大変ででした。

本当ならせっかくワンウェイで乗り放題のチケットがあるので、もっと色々な街へ刻んで旅をしたかったというのが正直なところです。

2年目は自分の車を買って、自分の思ったタイミングで自由度の高い移動ができるようにしたいと思いました。笑

みんなも余裕があれば、車という選択肢を視野に入れても良いと思います!!

 

〜2年目の旅に続く〜